happyselfg3_WP02_01

HappySelf(G3)

対面セルフレジ、フルセルフレジ、セルフ精算機の3機能を1台に搭載。
フレキシブル性を高めた「マルチセルフレジ」
進化を続けるTERAOKAのマルチセルフレジ「HappySelf」は、今回新たに見やすく使いやすい縦型液晶を採用。加えて店舗の状況に応じた様々な設置バリエーションを実現しました。
セルフ運用では最少人数での非対面運用が可能、キャッシュレス決済なら金銭授受もなく、新型コロナウイルス感染拡大防止のための三密解消・接触削減にも貢献します。収束後に「対面」・「フル」と運用を柔軟に変更できることも強みです。

直感的に操作できる縦型液晶画面

お客様側の操作画面には、多くの方がスマートフォンで慣れている縦型液晶(15.6インチ)を採用。直感的な操作を実現することで、お客様の使いやすさにこだわりました。
happyselfg3_WP04_01

3つの機能に変身できる対面セルフレジ

「HappySelf(ハッピーセルフ)」は、1台で3つのPOSレジ機能を兼ね備えています。状況に応じて最適な機能に変身させ、精算業務を効率的に行えます。変身は、「セルフ切替」ボタンを押すだけの簡単操作です。

機能1)対面セルフレジ
商品登録は店員が、お支払いはお客様ご自身に行っていただくレジです。
機能2)フルセルフレジ
商品登録からお支払いまで、お客様ご自身にセルフチェックアウトしていただくレジです。
機能3)セルフ精算機
ほかのレジからの会計データを受け付け、お客様がセルフチェックアウトを行うセルフ精算機です。

では、実際どのように変身するのでしょうか? スーパーと専門店を例に、わかりやすい動画でご紹介します。

キャッシュレス機を含む豊富な設置バリエーション

自動釣銭釣札機を持たない省スペースな完全キャッシュレスモデルもご用意するなど、お店の状況に合わせてハードウェア構成を簡単にカスタマイズできます。設置・稼働後も、必要な運用に合わせてオプションの付け替え作業が可能です。
完全キャッシュレスモデルでは、壁掛けタイプ(当社初)や、現金対応レジの背面スペースに設置したツインタイプなど、非接触の支払い方法としてさらに拡大するキャッシュレス化の需要に応えます。
happyselfg3_WP04_02

混雑状況や人員配置によって機能の使い分けが可能

混雑状況や人員配置に応じて機能を変えることにより、店舗に最適な運用ができます。

1)繁忙期や混雑時には、対面セルフレジとして稼動させ、精算スピードをアップさせます。
2)まだ混雑していない時間帯や、店舗スタッフが足りないときなどは、フルセルフレジとして稼動。
3)他のレジから精算データを受け取り、セルフ精算機として使うことによって、さらに精算スピードを向上させることができます。
happyselfg3_WP04_03

人手不足など、店舗が抱えるさまざまな課題を解決

「HappySelf(ハッピーセルフ)」は店舗の様々な課題を解決します。

・セルフチェックアウト機能によって、混雑時でも少ないスタッフで対応が可能。人手不足の解消に役立ちます。
・お金を扱わないので、パートやアルバイト従業員の金銭授受によるストレスが大幅に軽減します。
・レジ操作が初めての人でも直観的に使えます。トレーニングも短期間で済みます。
・金額の入力ミスやおつりの間違いがなく、違算が発生しません。
happyselfg3_WP04_04

POSレジ連動のキャッシュレス決済が便利

TERAOKAのキャッシュレス決済サービス「Payoss」との併用により、決済端末とレジの連動による正確・スピーディーな会計処理と、衛生的な決済を実現。万全のセキュリティ対策とポイントカード対応を両立し、関連事務作業の軽減にも貢献します。

決済料率・料金、端末など詳細はこちら:ブランドWebサイト「Payoss (ペイオス)」
payoss WP04_04

オプション機能も充実

・スキャナーは本体内蔵タイプとハンディスキャナーがあり、最大2つまで搭載可能です。
・店舗総合管理システムクラウドサービス「netDoA」で、売上や顧客データの管理ができます。
・お支払い記録カメラで、お支払いにまつわる諸問題を解決します。

お問合せ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)