すべてのステークホルダーと、持続可能な世界を。 すべてのステークホルダーと、持続可能な世界を。

すべてのステークホルダーと、持続可能な世界を。

新しい常識を創造する。100年も前から引き継がれているそのパイオニアスピリットは、常に挑み続けるTERAOKAのテーマでもあります。

1920年代より「製品づくり」によって価値提供を行ってきたTERAOKA。お客さまのニーズにお応えするために、1970年代からは製品だけでなく「サービスづくり」でも価値提供を行うようになります。1990年代になると、TERAOKAはいち早く環境問題に応える《環境廃棄物計量管理システム(現在の《環境Navi》)》を世に送り出します。そして現在、TERAOKAは“サステナビリティ(持続可能性)”という社会の要望に応えるために、多角的なアプローチで「仕組みづくり」 と「企業づくり」に取り組んでいます。

「製品・サービスづくり」、「仕組みづくり」、そして「企業づくり」。新しい常識を創造するTERAOKAのパイオニアスピリットは、すべてのステークホルダーと持続可能な世界を創造する私たちの、事業活動と社会活動の中に宿っています。

お客さま、生活者さま、社員、そして社会全体へ。すべてのステークホルダーに向けて、「❶ 流通小売」「❷ 食品製造・加工」「❸ 製造・物流」「❹ 飲食・専門店」の4つのフィールドと、それらを横断する「サービス&クラウド」「ペイメント」、さらに全事業と連動する「環境事業」を通して、TERAOKAは持続可能な世界の創造に取り組んでいます。

持続可能な世界を創造するために

持続可能な世界を創造するために

持続可能な世界を創造するためのアクションは3つ。それぞれのアクションを通して、TERAOKAはSDGsの達成に貢献していきます。

「製品・サービスづくり」

環境にやさしく、持続可能な未来に貢献する製品・サービスづくりを行います。

Action 1 「製品・サービスづくり」

「仕組みづくり」

環境への配慮とイノベーションの推進によって、持続可能な生産消費を確保する仕組みづくりを行います。

Action 2 「仕組みづくり」

「企業づくり」

ユーザー、社員、社会に必要とされる、責任・信頼ある企業づくりを続けます。

Action 3 「企業づくり」