製品分野の絞り込み:

ドラッグストア関連機器

pickupdoor+drug_WP01_01

調剤薬局向け ピックアップドア

2020年、新型コロナ感染拡大防止を目的に診療および服薬指導における対面原則が時限的に緩和され、オンラインによる診療・服薬指導が可能になりました。(厚生労働省による「0410対応」)
これを受け、TERAOKAは飲食店向けテイクアウト受け取りロッカー「ピックアップドア」の新バリエーションとして、処方薬の収納サイズに合わせた「調剤薬局向けピックアップドア」を開発しました。
医師による診察後、薬局の薬剤師が対面またはオンラインにて服薬指導。薬局では調剤後にロッカーに処方薬を収納して鍵をかけ、患者側は都合の良い時間に薬局にある「ピックアップドア」で処方薬を受け取る仕組みです。非接触による安全・安心に寄与するとともに、処方薬受渡しの利便性にも大きく貢献します。
esl2_WP01_01

電子棚札 ESL

TERAOKAの電子棚札 (ESL) は、正確な売価表示と店内作業の効率化を実現します。 店内に必要な様々なサイズの電子棚札 (ESL) をラインナップ。さまざまな売場の用途に合わせて使用できます。 データ到達距離が大きい無線通信方式のため、トランシーバーの設置数が少なく済みます。PoE対応のため、電源工事も不要。設置工事費の削減に貢献します。
happyselfg3_WP01_01

HappySelf (G3)

進化を続けるTERAOKAのマルチセルフレジ「HappySelf」は、今回新たに見やすく使いやすい縦型液晶を採用。加えて店舗の状況に応じた様々な設置バリエーションを実現しました。
セルフ運用では最少人数での非対面運用が可能、キャッシュレス決済なら金銭授受もなく、新型コロナウイルス感染拡大防止のための三密解消・接触削減にも貢献します。収束後に「対面」・「フル」と運用を柔軟に変更できることも強みです。
非接触やキャッシュレス、利便性向上の観点から、スーパー・小売店のほか自治体窓口などでの導入も進んでいます。
 

ドラッグストア関連機器内のサブカテゴリ

ドラッグストア関連機器以外の分野の製品をお探しの方