モバイルオーダー受け取りロッカー「ピックアップドア」 導入事例:日本ケンタッキー・フライド・チキン

お客様の買いやすさを追求するため、業界初となる非接触ソリューションを導入

ケンタッキーフライドチキン (以下、KFC) は、売上の約70%がテイクアウトを占めており、お客様の買いやすさの追求とモバイルオーダー増加への対応として、ファストフード業界初となる非接触ソリューション・TERAOKAのモバイルオーダー受け取りロッカー「ピックアップドア」を導入しました。 (南浦和店、溝ノ口店、新宿西口店、中野店、浅草店 / 2020年11月現在)

ピックアップドアの運用方法

KFCネットオーダーで注文すると、店舗側では来店時間に合わせて商品を準備し、「ピックアップドア」内に保管。お客様は自分で設定した時間に来店すると、店舗で並ばずに待ち時間ゼロで商品を受け取ることができます。配達代行スタッフも同じく、「ピックアップドア」から商品を受け取り、お客様に届けることができます。

提供したソリューション

モバイルオーダー受け取りロッカー「ピックアップドア」

導入メリット

KFCネットオーダーや配達代行への店舗スタッフの対応は、受注⇒調理⇒商品の保管⇒受け取りに来た方との注文番号確認等の作業があり、商品引渡し完了までスタッフが直接行う必要がありました。「ピックアップドア」の導入により、受注⇒調理⇒「ピックアップドア」への収納で商品引渡し業務が完結。店舗スタッフの手間が削減されました

 

お客様情報

社名 : 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社
: 日本
Web : https://www.kfc.co.jp/top.html

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)