dc350Ⅱ_WP01_01.jpg

DC-350Ⅱ

カウンティングスケールに音声機能を搭載したことで操作性が格段に向上。大型カラータッチパネルで見やすく、作業がよりスムーズになりました。
最大3つのスケールを使い分けることで、微小から大型部品まで計数が可能。計数、ラベルプリンタでのラベル発行、計数実績の管理まで行え、計数作業のシステム化にも大きく貢献します。
dcx1000_WP01_01

DCX-1000シリーズ

大型カラータッチパネルで操作しやすい計数作業を実現。2つのセンサーを巧みに制御することで、小さいモノから大きいモノまで幅広い計数物にも対応。チラシなどの紙、鉄、プラスチック、包装資材を始め、数えたいモノは何でも数えられます。計数作業時に内蔵プリンタでラベルを発行し、計数物に貼る現品ラベルとして活用できます。
DI-2000Ⅱ-WP01

DI-2000Ⅱ

食品、産業工場向け配合計量用に設計された防塵・防水型インジケーターです。大計量から微計量まで3スケールの接続が可能。画面の指示に従って原料の確認から計量作業を行う、対話式のオペレーションでミスを抑止。計量履歴は内部に自動保存されます。 DI-2000Ⅱを組み込んだ計量システムは、配合による製品の品質向上とコスト削減、トレーサビリティの簡易化に大きく貢献します。
DPS-700-WP01

DPS-700

プロセスセンター専用の卓上型計量ラベルプリンターです。コンパクトながら高性能、見やすい大型操作画面が計量値付作業の効率アップを支援します。システム対応型なのでデータ管理や業務管理を効率よく行えます。
DPS-700C-WP01

DPS-700C

食肉標準物流バーコード(GS1バーコード)ラベルをカラー大画面での簡単な操作で発行できる、食肉加工作業に特化した計量値付けシステムです。牛肉以外の食品のトレーサビリティへの応用も可能です。 トレーサビリティデータの管理をミスなく効率的に行うために不可欠なシステムを容易に構築できる拡張性を備えています。
HI-700-WP01

HI-700

食品プロセスセンターの生産性や作業効率を大幅に改善する、1分間最高100パックの処理能力を備えた高速自動計量値付機です。オールステンレス構造や着脱可能なコンベアにより、使い勝手だけでなく衛生面やメンテナンス性も大幅に向上しています。
IT-MatexⅢ-WP01

IT-MatexⅢ

IT-MatexⅢは、各種ERPを「計画系システム」として位置付け、より現場に近い「ヒトとモノ」を管理するための「実行系システム」として活用するアプリケーションです。 IT-MatexⅢを現場とのインターフェースとしてERPを補完することによって、よりきめ細かな在庫管理やピッキングの効率化、生産管理の合理化といった現場のさまざまな課題を解決します。
PCS-1800-WP01

PCS-1800

生鮮プロセスセンターの原材料の入出庫から、店舗発注に基づいた加工現場への各種生産指示および計量値付指示までをトータルに管理します。計量値付実績管理はもとより国産牛のトレーサビリティ管理も確実に行います。
ワイヤレス計量管理システム-WP01

ワイヤレス計量管理 システム

「ワイヤレス計量管理システム」の導入により、Bluetooth®に対応した計量器から重量データをハンディターミナルにリアルタイムに送信できます。収集された重量データは、クレードルを介してパソコンに簡単に送信が可能です。入力の手間を省き、正確かつスピーディなデータ管理が実現します。
生産管理システム-WP01

生産管理システム

寺岡精工の生産管理システムは、入荷から入庫、出庫、製造、出荷までのすべての工程を一元管理するトータルシステムです。食品工場の「在庫が見える」「生産状況が見える」「歩留が見える」「品質が見える」「出荷実績が見える」システムを構築します。在庫金額の圧縮や歩留率の向上に大きく貢献します。
1 - 10 of 10 items