payoss_WP02_01

Payoss (ペイオス)

決済端末の提供から決済データの処理までワンストップで提供する
キャッシュレス決済サービス

  

「HappySelf」「Payoss」で、病院会計業務の負荷を軽減しながら、患者さん満足度もアップ

久が原ファミリークリニック

東京都大田区にある「久が原ファミリークリニック」は、親子二代にわたり、地元の人たちのかかりつけ医として地域医療にあたる医院です。「全ての世代に安心と豊かさを」という理念のとおり、「誰でもいつでも、どんな些細なことでも相談できる」がモットーのアットホームなクリニックであり、地域の頼りになる存在です。同クリニックが、対面セルフレジ「HappySelf (G3)」とキャッシュレス決済サービス「Payoss」を導入した経緯について、院長 森川日出男先生にお伺いしました。

タッチパネル発券機「DeliousLio」の導入で理想的な店舗運営が実現

ジャパンラーメンフードホール (株式会社オーシャン)

横浜の臨海部に広がる「横浜みなとみらい21」は、横浜ランドマークタワーや赤レンガ倉庫などのランドマークが立ち並ぶ、国内外の観光客で賑わう人気の観光スポット。このエリアに2019年10月にオープンした「横浜ハンマーヘッド」は、客船ターミナルと“ 食” をテーマとした体験・体感型の商業施設やホテルからなる複合施設です。1F にあるラーメン店5店舗とバーで構成されるラーメンコンプレックス「ジャパンラーメンフードホール」では、各店舗へのタッチパネル発券機「DeliousLio」導入によって、理想的な店舗運営と管理が実現しました。

完全キャッシュレスはとにかく「速い」 コロナ禍での安全・安心にも大きなメリット

株式会社ロック・フィールド

都市生活者をターゲットとして2020年6月にオープンした新業態「RF1 SALAD MEAL」日本橋室町店は今後の同社のマーケティングの活動拠点であり、様々な取り組みが行われています。その代表的な取り組みのひとつが、TERAOKAの完全キャッシュレスレジの導入でした。

人気店ならではの“行列”を、マルチ決済システムとセルフレジの導入で解消

株式会社吉池

JR御徒町駅前で鮮魚小売店を営む吉池様では、2014年のリニューアルオープン後、レジにできる行列をなんとかしなければと模索されていました。レジにできる行列を解消し、お客様に楽しく快適なお買い物を提供するため、2014年にTERAOKAのスピードセルフ、2018年にPayossを導入されました。

お問合せ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)