タッチパネル券売機での厨房効率化・再来促進ソリューション

SOL00059-img WS02

ネットワーク型タッチパネル券売機だからできる新しいソリューション。

ネットワーク対応券売機と連動したモニターを配置することで、厨房に注文情報をスムーズに知らせ、店舗全体の作業効率を高めます。また、会員カードへの対応により、会員様へのサービスが可能になり、リピーター獲得が期待できます。

このソリューションで解決できる課題

  1. オーダーのセルフ化で人員削減したい
  2. オーダー伝達ミスの解消
  3. 会員カードやポイントの活用による来店頻度アップ
  4. 追加オーダーの促進による客単価アップ
  5. 金銭授受をなくし衛生的にしたい(非接触)

お勧め商品の提示で客単価アップ

複数のメニュー画面を用意できるので、商品購入後に自動画面切り替えを使い、関連するトッピングメニューやサイドメニュー画面に移動させることができます。大盛りボタンも同じ画面に表示できるので、ボタン券売機と比較してトッピングメニュー・サイドメニュー・大盛りが格段に探しやすくなり、客単価の向上に貢献します。

SOL00059-img WS03

キッチンモニター・カスタマーモニターで厨房を効率化

キッチンモニターを使用すると、券売機での購入後すぐに厨房のモニターに商品が表示されるので、すばやく調理に取り掛かることができます。調理用と配膳用のキッチンモニターを使用すれば、厨房からデシャップへの連絡もスムーズです。また、カスタマーモニターを使用すると、調理完了後に画面と音声で繰り返しお客様をお呼びできるので、マイクなどでの呼出は不要です。

SOL00059-img WS03

POSレジスター接続

POSレジスターの接続により、テイクアウト受注も可能です。券売機からの注文もテイクアウトレジでの注文も、同じキッチンモニターに表示されるので、スムーズな調理ができます。

SOL00059-img WS03

会員カードの利用で再来店を促進

会員カードを使用することで、会員様のみへのサービスが可能になります。会員売価への切り替えだけでなく会員専用商品の提供ができるようになります。また、メール会員システムや自社専用電子マネーを利用し、ポイントの付与や、会員欄に応じた画面に移動できるようになり、顧客の囲い込みに貢献します。

SOL00059-img WS03

タッチパネル発券機「DeliousLio」の導入で理想的な店舗運営が実現

ジャパンラーメンフードホール (株式会社オーシャン)

人気の観光地・横浜の新店舗にタッチパネル券売機「DeliousLio」を導入しました。キャッシュレスや多言語に対応でき、「メニューの写真が選びやすい」とお客様から嬉しい言葉を頂いています。

トッピングの注文が増えて売上アップ

メニュー画面は、大きくて綺麗なディスプレイが採用されています。味付き卵やバターコーンなどのトッピングの注文が増え、売上アップに貢献しています。

多様な決済システムに対応

急速に広がるキャッシュレスに対応し、お客様の利便性が向上しています。特に海外のお客様は、慣れない日本円での支払いから解放され大変好評です。

海外のお客様にも多言語で対応

横浜という場所柄、海外からのお客様も多く、英語や中国語に対応しているタッチパネル券売機は、頼もしいもう一人の店員です。

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)