w5600srx_WP02_01

W-5600SRX

「TERAOKAの包装技術」が生んだ高速ストレッチ包装機
世界トップシェアを誇るTERAOKAの技術によって誕生したのが、プロセスセンター向けストレッチ包装機・W-5600SRX。
数々の新技術によって、高速かつ安定した少量多品種の包装、そして従来の手作業の自動化を実現。お客様の生産性向上と現場負担の軽減に貢献します。

高い生産性と対応力

様々なトレーに対応が可能なストレッチ包装方式で最大60パック/分を実現するとともに、今まで製造ラインを止めて行っていたトレーサイズ変更の調整をすべて自動化。製造効率を下げることなく、さらなる安定性を確保します。既存のラインで生産性を維持しつつ、トレー追加・変更などの商品開発上の要望に対して柔軟な対応が可能です。
w5600srx_WP04_01

安定したトレー搬入

搬入コンベアにはガイド幅自動調整機能を搭載し、トレー変更のたびに製造ラインを止めて調整する必要はありません。ランダムに置かれたトレーも整列し、高速包装と良好な包装仕上がりを両立します。
5600srx_WP04_0w2

省コストで美しい包装

従来のフィルム1本掛けの包装機では、トレー変更・フィルム終了の際に重いフィルムの交換が手作業でした。これを避けるために大きいワンサイズのフィルムをすべてのトレーに使用すると、フィルムが無駄になり、包装の見た目もよくなりません。
本製品はフィルムの2本掛け自動切換仕様で、トレーサイズに合ったフィルムへ自動で切換え。今までの手作業を自動化し、最適なフィルムサイズで包装することで、手間なく無駄なく、「省コストで美しい包装」が実現できます。フィルムの切り替えはわずか数秒で、同サイズフィルムでの運用も可能です。
w5600srx_WP04_03

フィルム緩みを防止

フィルムの種類によっては、トレー底面の溶着が不完全だと輸送時にはがれてしまい、ロスにつながってしまいます。
ローラー式トレー押さえとロングヒーターコンベアにより、包装後商品の底面フィルムを確実に溶着。輸送時のフィルム緩みを防止します。
w5600srx_WP04_04

メンテナンス・衛生

エラーの解除や消耗品の交換を容易にするため開口部は広く設計。インフィード部は脱着可能で簡単に清掃することができ、永く衛生的にお使い頂けます。

お問合せ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)