sm6000_SSR_WP02_01

SM-6000SSR/SSP

お客様が迷わない、快適なお買い物
SDGsにも貢献する次世代のセルフサービススケール
本製品は、お客様が自ら計量・値付を行う際にスムーズなセルフ操作ができるよう音声案内、画面展開でサポート。店舗でのストレスフリーなセルフの量り売り販売を推進します。
必要な分を必要なだけ購入する量り売りは、フードロスを減らし、またリサイクル容器を利用することで・使い捨ての容器ごみを削減し、SDGsにも貢献します。

スマート検索機能と直感的な操作画面

品名の一部を入力して素早く商品を検索する「スマート検索機能」を搭載。15インチの縦型XGAカラー液晶と直感的で洗練された操作画面は、スマートフォンのように簡単に操作できます。
SM-6000_SSR_WP04_01

モーションセンサーで商品呼び出しがわかりやすい

モーションセンサー「e.Sense」をバラ売り商品の陳列容器の開閉部に取付け、買い物客の開閉動作を検知。選択商品の情報を本製品に送信、操作画面に選択商品のボタンを表示させます。お客様は商品を検索する必要がなく、購入商品の選び間違いを防止します。
昨今大きな課題となっている「フードロス解消」や「脱プラスチック」にもつながる量り売り。これを技術面からサポートする、TERAOKAの「セルフ量り売りソリューション」を動画でわかりやすくご紹介します。

持ち込み容器のチェックアウトも正確でスピーディー (※ 近日対応予定)

環境問題の高まりにより欧米で加速している、容器を持参して商品を購入する“BYOC (Bring Your Own Container)”活動。本製品はRFID技術を用い、事前登録された容器の重さ (風袋) を自動で読み込みます。各国市場の対面販売で高評価を得ている当社の技術が日本でも“BYOC”活動をサポートします。(対応機種:SM-6000SSP)
SM-6000_SSR_WP04_03

ライナーレスラベルで台紙ごみも削減

本製品ではラベルの新常識「ライナーレスラベル」を使用しています。台紙を使わずごみの削減につながるほか、同じ径のラベルロールでも、台紙の分だけラベルの巻き量が増えているためラベル交換頻度が半減。情報量に合わせてオートカットされるため、サイズが異なるラベルを在庫しておく必要がなく、在庫管理も容易になるなど様々なメリットがあります。
WP04_04

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)