drv100_WP02_01

ボトルスカッシュ
(DRV-100)

コンパクトな設置スペースで、持続可能なペットボトルリサイクルを実現
ボトルスカッシュは2リットルまでの飲料用ペットボトルを減容する自動回収機です。新開発の圧縮機構により、省スペースと質の高い資源回収を同時に実現。ポイントサーバーに連携すれば、ポイントを貯めながらリサイクル活動に参加頂くことができ、集客力UPと顧客の固定化に貢献します。DRV-100通常モデルのほか、容量を増やし資源回収の回数を抑えるDRV-100Tをご用意しています。
 
TERAOKAは地球温暖化対策に向けた国民運動「COOL CHOICE」に賛同しています

省スペース化にこだわった機械寸法

従来難しかった小型店舗やオフィス内へも設置可能な省スペース設計。100Vのコンセントで稼働できるため、設置場所を選ばずリサイクル拠点を増やすことが出来ます。また、投入口も低い位置に設計しているため、お子様でも楽しみながらリサイクルを体験することが出来ます。
drv100_WP04_01

回収したペットボトルの資源価値を高める新開発の圧縮方式

新開発の圧縮方式(プレ裁断方式)により、潰した後も高い圧縮率を保ちます。また、重量比の大きな飲み口部分を破断しないため、質の高いリサイクル資源になります。
また、キャップの投入口を別に設けペットボトル本体とは素材の違うキャップの分別を推進します。
drv100_WP04_02

リサイクル活動の啓蒙 (エコ育)

回収中にディスプレイにて3Rやボトルtoボトルの啓蒙画面を表示、地球環境に積極的に貢献する企業であるというアピールが可能です。
コンセプトムービーはこちらへ
drv100_WP04_03

収納本数の異なる2サイズをご用意

DRV-100通常モデルに加え、容量を増やして袋交換の回数を抑えるDRV-100Tをラインナップ。通常モデルの3割増の約200本(※)を収納することができます。回収BOXは満杯になった際にスムーズに袋交換が可能な形にデザインしています。
※500mlペットボトル換算
drv100_WP04_04

IoTサポートシステム

3Gルーターを利用したIoTサポートシステムで日々の回収本数やポイント実績を管理。また、24時間365日回収機の稼働状況を監視しており、収納BOXの満杯やエラー発生をメールでお知らせ、安定稼働をサポートします。

お客様と共につくりあげる継続的なリサイクルスキーム

ペットボトル回収機の設置は単なる店舗様での作業効率UPだけではなく、「ボトルtoボトル」(※1)リサイクルの入り口づくりにつながります。TERAOKAは各ステークホルダーにメリットのある形でSDGs(※2)を目指したペットボトルリサイクルスキームの実現に貢献致します。

※1:使用した食品用ペットボトルをリサイクルし、再び食品用ペットボトルとして使用する循環型リサイクルシステムのこと
※2:国連が採択した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」
drv100_WP04_05

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)