liscs_WP02_01

LIS-CS series

生産ラインを流れる商品パッケージを高精度カメラ・スキャナーで自動全数チェック
多様な検査・照合バリエーションで不良品を検知、ラベル検査の大幅な省力化を実現
LIS-CSシリーズは食品工場の既存の自動値付けラインに設置するだけで、商品全数に対し添付ラベルの正誤、貼付漏れ、上下ラベルのミスマッチ、バーコードデータの正誤を高速検証します。 高精度カメラによりPOPラベルの種別、包材に印刷されたイメージを判別。 最新スキャニングシステムによりバーコードをスキャン、可読性の判断と共にデータ検証も行います。 さらにカメラから取得したイメージと、バーコード内データの組み合わせ正誤も判定します。

商品登録・設定がカンタン

これまでの画像検査機の商品登録は、設定に仕組みの理解やコツが必要で、誰でも簡単に行うことはできませんでした。 しかしLIS-CSシリーズの商品登録は、サンプル商品を一度検査機に流し、あとは画面上に表示されるガイダンスに従って操作していただくだけ。誰でもカンタンに登録作業が可能となりました。
liscs_WP04_01

幅広い食品に対応する豊富なモデルバリエーション

おにぎり、サンドイッチ、弁当、総菜など、食品カテゴリーが違えば、ラベルの添付位置、包材位置、製造方法なども全く異なります。LIS-CSシリーズではそれぞれの食品製造工程に対して最も適切に検査ができるよう、専用モデルをご用意。 あらゆる食品のラベル、包材検査にお役立ていただけます。
liscs_WP04_02

充実の検査履歴管理機能

LIS-CSシリーズで実施した検査の実績は内蔵のSDカード内に保存が可能です。 データを移動すれば事務所のパソコンでデータ長期保存、確認が可能です。
liscs_WP04_03

品種連動機能を標準装備

TERAOKA製自動サーマルラベラー、700・800シリーズとセットでご使用いただくとラベラーとLIS-CSシリーズの品種連動が可能となります。 従来通りラベラーで発行作業を行う商品を呼びだすと、自動でLIS-CSシリーズの品種も切り替わります。

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)