純水ソリューション

SOL00009-img WS02

「注文を受けてからつくる、できたての水」が呼び水となり、
地域のお客様が集まるサービスとなります。

水道水に含まれる有機物を逆浸透膜フィルターでろ過して純水にします。安心してお使いいただける純水の給水サービスは、継続的なサービスとなり、来店頻度を高めます。

このソリューションで解決できる課題

  1. 給水ボトルのリユースで環境対応したい
  2. 食の安心をサポートできるサービスを充実させたい
  3. お客様の来店頻度を高めたい

来店頻度のアップに貢献

専用のペットボトルに給水した純水は、安心できる飲み水として利用できます。和食の調理に適した軟水ですので、ごはんがふっくらと真っ白においしく炊き上がります。お茶やコーヒー、焼酎の水割りなどの他、赤ちゃんのミルクの冷まし湯や、薬の飲用時にも利用できますので、幅広い年齢層のお客様に対して継続的なサービスとして提供でき、来店頻度を高めるのに効果的です。

大切なお客様の固定化に貢献

お店で使用しているハウスカードを、給水用の会員カードとしても使用できるようにすることで、新規会員の獲得を促進します。二重売価の設定や給水制限も可能ですので、水の自動販売機をより効果的な販促ツールとして運用できます。毎日のように継続して使うカードとしてお客様に常に携帯してもらえるようになり、大切なお客様の固定化に役立ちます。

不安をろ過

東日本大震災後、スーパーマーケットに設置される水の自動販売機、特に逆浸透膜方式の機械への関心が高まりました。きっかけは、2011年3月に福島県飯舘村役場の協力のもとで実施されたECOAによる水道水に含まれる放射性物質除去測定実験です。同村で採水した水道水をECOAでろ過し、第三者機関で測定したところ、放射性物質を取り除く効果が実証されました(下図参照)。ECOAの給水サービスは、お客様の「フアン(不安)」を取り除き、お店の「ファン」に変える、安心できるお店づくりを支援するサービスです。
 

水からECOする身近なECOA

市販のミネラルウォーターは、採水地から消費地まで輸送するためCO2を多く排出します。ECOAはその場で水道水をろ過する「水の地産地消」を実現しますので、輸送のためのCO2を排出しません。さらに、繰り返し使用(リユース)できる専用のボトルを使うことで、ペットボトルごみの削減にもつながります。ECOAの給水サービスによって、お店とお客様が連携したecoへの取り組みが実現できます。

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)