aw5600-2_WP01_01

AW-5600Ⅱ

従来モデルで実現した消費者・作業者・環境への高性能な「やさしさ」はそのままに、「ボタンや文字が大きく見やすい15インチ大画面」「Wi-Fi子機を標準搭載することで、マスター管理のための配線工事が不要に」など、各種機能を強化しました。POSとのデータ連携で生鮮バックルームの少人数運用を可能にする「生鮮向け生販管理ソリューション -Pack on Time-」や「TERAOKA IoT サービス」にも対応しています。
aw5600fx-2_WP01_01

AW-5600FXⅡ

通常の発泡トレーはもとより、軟弱トレー、変形トレー、紙トレー、野菜のノントレー包装(素巻き)など、いろいろな形状の商品をスピーディーに包める包装機です。紙トレー包装や野菜のノントレー包装(素巻き)でフィルムの使用量を必要最低限に抑え、プラスチック使用の抑制にも貢献します。
従来モデルから「ボタンや文字が大きく見やすい15インチ大画面」「Wi-Fi子機を標準搭載することで、マスター管理のための配線工事が不要に」など、各種機能を強化。POSとのデータ連携で生鮮バックルームの少人数運用を可能にする「生鮮向け生販管理ソリューション -Pack on Time-」や「TERAOKA IoT サービス」、「ライナーレスラベル」にも対応しています。
rgw560-2_WP01_01

RGW-560Ⅱ

従来のラベルを用いた商品とは一線を画す、より魅力的な商品展開を可能にした帯巻き包装で思わず手に取りたくなるようなパッケージを実現します。
商品の中身を隠すことなく、食品表示に必要な内容はしっかりと伝えることが可能です。
aw5600cp-2_WP01_01

AW-5600CPⅡ

従来モデルで実現した消費者・作業者・環境への高性能な「やさしさ」や「コストを抑えた省スペース設計と多彩な機能」はそのままに、「ボタンや文字が大きく見やすい15インチ大画面」「Wi-Fi子機を標準搭載することで、マスター管理のための配線工事が不要に」など、各種機能を強化した汎用包装機です。POSとのデータ連携で生鮮バックルームの少人数運用を可能にする「生鮮向け生販管理ソリューション -Pack on Time-」や「TERAOKA IoT サービス」にも対応しています。
dc350Ⅲ_WP01_01.jpg

DC-350Ⅲ

カウンティングスケール「DC-350」シリーズに、操作部のデザインをリニューアルした新モデル「DC-350Ⅲ」が登場しました。
「DC-350」シリーズは、操作性を向上する大型カラータッチパネルや音声機能を搭載。正確な計数作業やトレーサビリティ化を実現し、計数現場を強力にサポートする高機能カウンティングスケールです。
 
dc600_WP01_01

DC-600

「DC-600」はインジケーター(操作部)と計量台を自由に組み合わせられる、新しいタイプのカウンティングスケールです。高精度ワイドレンジスケールとの接続で、これまで以上に高い精度の計数作業を実現します。
dcx1000_WP01_01

DCX-1000シリーズ

大型カラータッチパネルで操作しやすい計数作業を実現。2つのセンサーを巧みに制御することで、小さいモノから大きいモノまで幅広い計数物にも対応。チラシなどの紙、鉄、プラスチック、包装資材を始め、数えたいモノは何でも数えられます。計数作業時に内蔵プリンタでラベルを発行し、計数物に貼る現品ラベルとして活用できます。
di4000_WP01_01

DI-4000

ミスの起きやすい計量配合の工程に「安心して現場に任せられる仕組み」を実現させます。品質向上とトレーサビリティ化、コスト削減にも貢献する配合用インジケータです。スキャナーやお知らせライト&ブザーをオプション接続する事により、原料選択や計量ミスを防ぎます。また、配合指示データや配合結果の実績データをUSBメモリーやLAN接続で入出力する事もできます。
DIX-2001-WP01

DIX-2001

7インチカラーTFTディスプレイを搭載。多彩な表示と充実したインターフェースで、より高度な計量作業をサポートするインジケーターです。
dps5600-2_WP01_01

DPS-5600Ⅱ

従来モデルで実現した消費者・作業者・環境への高性能な「やさしさ」はそのままに、「ボタンや文字が大きく見やすい15インチ大画面」「Wi-Fi子機を標準搭載することで、マスター管理のための配線工事が不要に」など、各種機能を強化しました。POSとのデータ連携で生鮮バックルームの少人数運用を可能にする「生鮮向け生販管理ソリューション -Pack on Time-」や「TERAOKA IoT サービス」にも対応しています。
dps800_WP01_01

DPS-800

プロセスセンター専用の卓上型計量ラベルプリンターです。コンパクトながら高性能、見やすい大型操作画面が計量値付作業の効率アップを支援します。システム対応型なのでデータ管理や実績管理を効率よく行えます。
dps800c_WP01_01

DPS-800C

食肉標準物流バーコード(GS1バーコード)ラベルをカラー大画面での簡単な操作で発行できる、食肉加工作業に特化した計量値付けシステムです。牛肉以外の食品のトレーサビリティへの応用も可能です。 トレーサビリティデータの管理をミスなく効率的に行うために不可欠なシステムを容易に構築できる拡張性を備えています。
HI-700-WP01

HI-700

食品プロセスセンターの生産性や作業効率を大幅に改善する、1分間最高100パックの処理能力を備えた高速自動計量値付機です。オールステンレス構造や着脱可能なコンベアにより、使い勝手だけでなく衛生面やメンテナンス性も大幅に向上しています。
it-matex_WP01

IT-MatexⅢ

IT-MatexⅢは、各種ERPを「計画系システム」として位置付け、より現場に近い「ヒトとモノ」を管理するための「実行系システム」として活用するアプリケーションです。 IT-MatexⅢを現場とのインターフェースとしてERPを補完することによって、よりきめ細かな在庫管理やピッキングの効率化、生産管理の合理化といった現場のさまざまな課題を解決します。
pcs3000_WP01_01

PCS-3000

生鮮プロセスセンターの原材料の入出庫から、店舗発注に基づいた加工現場への計量値付指示までをトータルに管理します。計量値付実績管理はもとより国産牛のトレーサビリティ管理も確実に行います。
pt800_WP01_01

PT-800

生鮮プロセスセンターの原材料加工の歩留まり管理と、2次加工での原料投入の管理します。原材料加工時のロスの低減・原因の見える化、食品製造における誤った原材料の使用を防止します。
ワイヤレス計量管理システム-WP01

ワイヤレス計量管理 システム

「ワイヤレス計量管理システム」の導入により、Bluetooth®に対応した計量器から重量データをハンディターミナルにリアルタイムに送信できます。収集された重量データは、クレードルを介してパソコンに簡単に送信が可能です。入力の手間を省き、正確かつスピーディなデータ管理が実現します。
dp560-2_WP01

DP-560Ⅱ

従来モデルで実現した消費者・作業者・環境への高性能な「やさしさ」はそのままに、「画面操作のレスポンス向上」「Wi-Fi子機を標準搭載することで、マスター管理のための配線工事が不要に」など、各種機能を強化しました。POSとのデータ連携で生鮮バックルームの少人数運用を可能にする「生鮮向け生販管理ソリューション -Pack on Time-」や「TERAOKA IoT サービス」にも対応しています。
SWS-5600-WP01

SWS-5600

高性能にさまざまな「やさしさ」を盛り込んだ、ノントレー包装機です。 消費者への「やさしさ」:トレーの代わりにCO2排出量の少ない紙シートを使用する環境にやさしい包装機。冷蔵庫での保管にも場所をとらず、ごみの量も削減できます。 作業者への「やさしさ」:商品化の作業効率を損なわず、簡単操作・簡単作業。包装済み商品の値付け作業もスムースです。 環境への「やさしさ」:ラベルの台紙をなくし、ラベルの使用量、台紙ごみを削減。
1 - 19 of 19 items