セミセルフレジ
導入実績No.1

  • 全国2,000店舗の導入実績(※)
  • 2002年セルフレジを国内で最初に販売開始した業界のパイオニア
  • 特許登録数120件以上! 抜群の使いやすさ

(※2018年4月自社調査)

セミセルフレジイメージ

TERAOKAのセミセルフレジを動画でご紹介

セミセルフレジ 使い方編

みんなにやさしいTERAOKAのセミセルフレジ。
はじめてセミセルフレジを使うお客様は、迷わず簡単にお支払いができるのでしょうか?

セミセルフレジ 海外からのお客様編

みんなにやさしいTERAOKAのセミセルフレジ。
日本のスーパーマーケットにはじめて訪れた海外からのお客様が、セミセルフレジに初挑戦!

TERAOKAのセミセルフレジが
店舗運営の効率化を実現します

TERAOKAのセミセルフレジは、商品スキャニングはレジスタッフ、精算はお客様という新しいチェックアウトシステムです。
レジ待ち時間を短縮、つり銭間違いなどの違算解消、店舗パート従業員の人手不足を解消など、
スーパーやコンビニ、小売店が抱えるさまざまな問題を解決。店舗運営の効率化を実現します。

レジ待ち時間約半分(※)
お客様の行列ストレスを解消

商品スキャニングと精算を分けることで、レジ待ち時間が大幅に短縮。お客様のレジ待ちストレスを解放します。レジの生産性が上がり、レジ台数の削減も可能になります。
(※当社比。スピードセルフの場合)

レジ違算を解消
スタッフの金銭授受負担を軽減

会計はお客様自身によるセルフ精算。お金の数え間違いやおつりの過不足、お客様のお釣りのもらい忘れなどの違算を解消し、レジスタッフの金銭授受によるストレスを軽減します。

人手不足を解決
少人数で効率の良い店舗運営

レジ専任スタッフが不要。短時間のレジ教育でレジ業務未経験の学生アルバイトやパート従業員にもレジ業務を任せることができ、少ないスタッフで効率よく業務を分担できます。

TERAOKAのセミセルフレジは2タイプ

店舗や業務形態に応じて、最適な機種をご提案します。

スキャンと会計を完全分離、コストダウンも可能
「スピードセルフ」

「スピードセルフ」イメージ
  • 商品のスキャニングと会計を完全に分離
  • レジ業務の45%を占める精算処理をセルフに
  • 一定時間のレジ通過人数が160%向上
  • 買い物客のレジ待ち時間が約半分に短縮(当社比)
  • レジ1台の生産性アップでレジ台数の削減が可能

列に並ぶ買い物客の商品をプレスキャンし“列崩し”ができる、ハンディスキャナなどのオプションも充実しています。

スピーディな会計で衛生面も安心な対面型
「スマイルセルフ」

「スマイルセルフ」イメージ
  • 商品のスキャニングと会計を対面型で分離
  • レジスタッフは袋詰め、買い物客は精算の同時進行
  • レジの生産性が150%に向上(当社比)
  • 前客が精算中でも次客の商品登録ができ効率的
  • レジスタッフが金銭に触れず衛生面も安心

パン屋、ケーキ屋、お惣菜店、土産物店などの専門店やミニスーパー、コンビニにおすすめです。

TERAOKAが選ばれる理由

セルフレジのパイオニアならではの豊富なノウハウと多彩な機能でお客様の問題解決を強力サポート。
TERAOKAのセミセルフレジが、あらゆる業種・店舗に選ばれてきた理由がここにあります。

導入実績No.1
セルフレジのパイオニア

セミセルフレジ導入店舗数2,000店舗(※)。数多くの現場で培ってきた豊富なノウハウがあります(※2018年4月現在)。

安心・充実の
サポート体制

24時間365日、フリーダイヤルで対応。修理が必要な時は全国の拠点から迅速にエンジニアを派遣します。

初めての導入でも
万全なフォロー

導入への不安や疑問も80年蓄積されたTERAOKAのノウハウが解決!万全なフォロー体制でスムーズな導入をお約束します。

顧客満足度が
さらに向上

レジの簡素化で空いた時間を有効利用。商品説明や品質管理など接客サービス向上でリピーター獲得につながります。

誰でも使える
シンプルな操作性

初めての人でも迷わない簡単操作。ミスをしない、させない仕組みでスタッフにも買い物客にも好評です。

クラウドで
データを一元管理

販売データや商品マスターを本部や店舗間で共有。いつでもどこでも、迅速な経営判断が可能です。

精算機の残高を
「見える化&最適化」

つり銭補充の時間と手間を簡素化。閉店後のレジ〆業務も「精算機マネージャー」で大幅に時間短縮できます。

モバイルPOSを使えば
あらゆる場所がお店に

催事場や移動販売車用のレジとしても活用可能。混雑時の応援レジとしても使え、便利です。

お客様導入事例

慢性的な夕方のレジ待ち行列が激減!
+「カートアウト」で女性や高齢のお客様に大好評!

課題
  • 混雑時のレジ待ち行列の緩和
  • 人件費削減

福岡県と佐賀県でスーパーマーケットを展開している株式会社西鉄ストア様。その多くの店舗が駅チカに位置することから、夕方の慢性的なレジの行列に悩まれてきたといいます。お客様の中には、レジ待ちの行列を見るなり、買い物をあきらめて帰る方も。このレジ待ちを解消すべく、西鉄・千早駅の「レガネット千早」様では、2015年11月に「スピードセルフ」を導入されました。
「スピードセルフ」導入後、特にお客様が多い木曜日の売り出し時に15人ほど並んでいた行列が10人未満に。チェッカーが「お客様が減った?」と勘違いするほど、その効果は歴然で、お客様からも「前より並ばなくなって良かった」と好評だそうです。
「実際に導入して分かったのは、さらにレジが減らせるということです。全体のレジ台数を減らすことで、売り場が広がり、最適な人員配置もできる。これはお客様にとっても弊社にとっても、大きなメリットだと思います」(IT推進部付 顧問 髙橋雄一様)
また、女性目線で考案された「カートアウト」は、商品をスキャニング後、カートごとそのままセルフ精算機やサッカー台へ移動でき、特に子ども連れや高齢者の方に喜ばれています。

株式会社西鉄ストア レガネット千早様(福岡)

出庫・レジ・接客の役割分担によって業務を改善
お客様への積極的な声掛けで、サービスも向上!

課題
  • 人手不足解消
  • 接客サービスの向上

東日本大震災からの復興を後押しする経済活性化策の一環として、2016年7月1日に日本初の完全民営化を控える仙台国際空港株式会社様。元々使っていたPOSシステムの老朽化に伴い、空港で初めてセミセルフレジ「スマイルセルフ」を導入されました。
「お客様にお支払いをしていただく間に商品の袋詰めができるので、それまで9~10人必要だったレジスタッフを5~7人まで減らすことができ、人手不足が解消しました。レジに人手がかからなくなった分、お客様に商品説明ができるようになったので、購入機会を逃すことがなくなり、売り上げにつながっています。自動釣銭機で、違算がなくなり、回転率が上がったところは評価が高いですね」(営業推進部 錦戸 靖博様)
国際空港ということで、海外からのお客様も多い仙台空港。セミセルフレジは、慣れない日本の紙幣や小銭で戸惑う外国のお客様にも「支払いがしやすい」と好評だそうです。
「一度にお客様が来店し、たくさんの商品をお買い上げになった時ほど、『スマイルセルフ』のチェックアウトの早さを実感しています」(営業推進部 星 亜沙美様)

仙台国際空港株式会社様(宮城)

「キャッシュマネジメントシステム」導入で
閉店後のレジ締めも簡単に!

課題
  • 人手不足解消
  • レジ締めの負担軽減

豊富なメニューの惣菜や地元・埼玉の新鮮な野菜をはじめとするクオリティの高い品ぞろえが特徴の「生鮮市場TOP川越店」様。専門性の高い売り場構成に加え、いかに快適に買い物ができるかというサービス面に注力されていることも地元の方に愛されている理由のひとつです。
生鮮部門をさらに強化するため、人員を投下したい。そこで店舗全体の労働時間の約30%を占めるレジ業務を効率化し、人手不足を解消するために、セミセルフレジ「スピードセルフ」を導入した同社。導入後、レジスタッフはお金を扱う精神的負担から解放され、接客に集中。4日ほどかかっていたレジ研修も、早い人では2日で済むなど、セミセルフレジ導入のメリットが感じられたといいます。お客様からも「レジに並ぶ時間が減った」「買い物しやすくなった」という感想が多く寄せられました。
同社では、「キャッシュマネジメントシステム」も導入し、釣銭管理・レジ締めの負担軽減も実現。レジ間で両替できる「キャッシュリサイクル」をうまく利用し、今後は釣銭準備金を減らすことを目指します。

株式会社マミーマート様(埼玉)

パンを袋詰めしている間にお客様がセルフで精算
お金に触れないため、衛生面も安心

課題
  • 混雑時のレジ待ち行列の緩和
  • 衛生面の強化

1996年の創業以来、保存料や添加物を使用しない、体にやさしいパンを作り続けている横浜パンの家様。平日は300~400人、土日ともなると600人近い人が来店します。以前は、商品金額をひとつひとつレジに打ち込み、商品を袋詰めし、精算していたため手間がかかり、レジ前が混雑することが多かったといいます。
「TERAOKAの対面型セミセルフレジ『スマイルセルフ』は、タッチパネルで操作が簡単。商品を袋詰めしている間に精算はお客様自身に行っていただくので、非常に効率的です。なにより、パンという食品なのでお金を触らず精算ができる点が衛生的で助かっています」(永瀬 巌様)
セミセルフレジはご利用者の評判も上々で、むしろ「やってみたい!」「使ってみたい!」という積極的な声が多かったとか。その話題のおかげで導入時はお客様も増えたそうです。

横浜パンの家様(神奈川)

横浜パンの家様(神奈川)

気になること、ご相談したいことなどあればお気軽にご連絡ください。

*は必須項目です。

ご相談内容

そのほかご相談について

お名前 *

フリガナ *

会社名 *

部署名
役職名
E-mail *
E-mailか電話番号どちらか一方を必ず入力してください
電話番号 *
E-mailか電話番号どちらか一方を必ず入力してください
郵便番号
住所 *

個人情報の取り扱いについて *

寺岡精工グループは、以下の指針(以下、本指針といいます)に基づき、個人情報を取り扱います。

1.法令の遵守
寺岡精工グループは、事業活動にともなって取得、管理、利用する個人情報について、個人情報の保護に関する法令および本指針を遵守し、適切に取り扱います。

東京都大田区久が原五丁目13番12号
株式会社寺岡精工
ただし、寺岡精工グループ各社にて取り扱われる個人情報については、寺岡精工グループ各社にて管理を行います。

2.利用目的
寺岡精工グループは、関係法令に従い次に掲げる目的のために個人情報を取り扱います。
  • お問い合わせに対応するため
  • 製品、商品等の提案のため

3.共同利用
寺岡精工グループは、前項に掲げる目的の達成に必要な範囲(例えば、お客様からのお問合せに対する回答を寺岡精工グループ内の他の会社より直接回答させていただくのが適切と判断した場合、寺岡精工グループの製品または商品のアフターサービス等の提供に必要な場合など)において、会社名、役職または連絡先等の個人情報を寺岡精工グループ間および業務委託先に提供、開示する場合があります。この場合、寺岡精工グループは、関係法令に従い個人情報保護のための適切な契約を締結するとともに、必要かつ適切な監督を行います。なお、個人情報が提供、開示されることなる寺岡精工グループ各社については、本サイトの「TERAOKAグループ」ページに記載しております。

4.海外への移転
寺岡精工グループは、取得した個人情報を、寺岡精工グループの会社がある国を基本とし、ご本人がお住いの国と同等の個人情報の保護に関する法令ではない国に移転することがあります。この場合、寺岡精工グループは、適用される関係法令に従い、ご本人の個人情報保護のために必要かつ適切な措置を講じます。

5.第三者への開示
寺岡精工グループは、法令による開示要求があった場合を除き、ご本人の事前の承諾を得ずに、寺岡精工グループおよび業務委託先以外の第三者に個人情報を開示、提供することはありません。

6.第三者への開示
寺岡精工グループは、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。また、個人情報を利用する必要がなくなったときは、寺岡グループの規則に基づき適切に廃棄します。

7. 安全管理
寺岡精工グループは、個人情報に対する不正アクセスや漏洩を防止するため、関係法令を遵守するとともに、必要かつ適切な安全対策を講じます。また、必要に応じて本指針の見直しを行います。なお、寺岡精工グループは、個人情報取り扱いの目的に必要な期間に限り、個人情報を保有します。

8. 教育
寺岡精工グループは、個人情報の取り扱いおよび保護に関する教育を定期的に実施します。

9. ご本人の権利
寺岡精工グループが保有する個人情報について、ご本人は、寺岡精工グループに対し、照会、訂正、削除、または取扱制限の請求、もしくは取り扱いへの苦情、または寺岡精工グループによる取り扱いへの同意の撤回の申し入れをすることができ、監督機関に対し、不服を申し立てることができます。寺岡精工グループは、寺岡精工グループへの請求、申し入れについて、「お問い合わせフォーム」または第11項の「お客様窓口」にて承ります。なお、寺岡精工グループがご本人より同意撤回の申し入れを受けた場合でも、撤回までに行われた同意に基づく適法な取り扱いに影響を与えることはありません。

10. 照会、訂正、削除
寺岡精工グループは、ご本人より、ご本人の個人情報に関する照会、訂正、削除、利用制限等を求められた場合は、ご本人によるものであることが確認できた場合に限り、これに対応します。ただし、関係法令により取り扱いを求められている場合は、この限りではありません。

11. お問合せ
本指針および寺岡精工グループの個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、「お問い合わせ」フォームまたは次の窓口までお願いいたします。
株式会社寺岡精工 お客様窓口
〒146-8580 東京都大田区久が原5-13-12
0120-37-5270(土日祝祭日を除く9:30~17:30)

お急ぎの場合はお電話ください。

フリーダイヤル 0120-37-5260 【受付時間】9:30~17:30(土日祝日除く)

東京・大阪 ショールームのご案内

東京・大阪 ショールームのご案内
Go to page top