セルフレジ「スマイルセルフ」導入事例 ~横浜 パンの家様~
商品を袋詰めしている間に、お客様はセルフで精算!効率良く、しかも衛生的です

開店前からお客様が並ぶ、地元の人気ベーカリー「横浜パンの家」。土日になると600人近くが来店するそうですが、セルフレジの導入でお待たせすることなく精算ができるようになりました。「スマイルセルフ」を取り入れたことで、お客様とのコミュニケーションがますます広がっている様子を取材しました。

お客様のレジ待ち時間が短縮。衛生面でも安心なセルフレジ

 「近所の人の朝食を作る」という社長の熱い思いのもと、保存料や添加物を一切使用しない、体にやさしいパンを作り続けている「横浜パンの家」。風味豊かな香ばしいパンを求めて、平日は300~400人、土日ともなると500~600人ものお客様が来店します。
 「以前は、商品の値段を打ち込み、袋詰めし、精算していたため、レジ前が混雑することが多く、スタッフの手間もかかって大変でした」。 そう語るのは、横浜パンの家の永瀬巌さん。「その点、セルフレジは、タッチパネルで操作が簡単。スタッフが商品を袋詰めしている間に、精算はお客様自身に行っていただくので、とても効率が良いです。セルフレジのおかげで、お客様がレジを待つ時間も短くなりました」。なにより、パンという食品を扱っているので、精算時にスタッフがお金を触らなくて済むセミセルフレジは、衛生面でも安心だそうです。
 

セルフレジ導入で広がる、お客様とのコミュニケーションの輪

   横浜パンの家が導入したセルフレジは「カウンタートップタイプ」。お金の投入口、つり銭口、レシート発行部分が横並びに設置されています。精算はお金を入れてボタンを押し、おつりを受け取るだけ。手順も簡単で、支払いの際に腰をかがめたりする必要がなく、ご高齢の方でも扱いやすいタイプです。
 「お客様のセルフレジへの抵抗はありませんでした。むしろ『使ってみたい!』という積極的な声が多かったですね。特に導入した時期は、その話題のおかげでお客様が増えたくらいです」
  つり銭の間違いや取り忘れによるレジ違算がなくなったのも、大きなメリットの一つ。お金のやりとりがないので、スタッフの接客にも余裕が生まれ、お客様との会話も弾みます。セルフレジ導入によって、お客様とコミュニケーションの輪がますます広がっているようです。


【COMPANY INFO】
有限会社横浜パンの家
●本店
神奈川県横浜市金沢区富岡西6-44-34
TEL:045-771-9008
6:30~18:00
●富岡駅前店
神奈川県横浜市金沢区富岡西2-2-5
TEL:045-775-1577
6:30~19:00

TERAOKA社員からひと言
 朝6:30の開店前から行列ができるという「横浜パンの家」様。たくさんのお客様を短時間でさばくのに「スマイルセルフ」がお役に立っているとのことで、大変うれしく思いました。工房と店内が一体となったユニークなつくりの店内には、常時70~80種類のパンが並びます。お目当てのパンを手に入れたいなら、午前中の来店がおすすめだそうです。

本事例のPDF版はこちらから

   
その他の「スマイルセルフ」製品導入事例

スターフルーツ 小石川店 様

 
 

お問い合わせ

0120-37-5270受付時間:9:30~17:30 (土日祝日を除く)