プレスリリース

「国際物流総合展 2020」に出展します

“計測計量技術”が可能にする物流の“省力化”と“効率化”
入荷から出荷まで現場におけるデータの可視化と活用のソリューションを展示

株式会社寺岡精工 (本社: 東京都大田区、代表取締役社長: 山本宏輔) は、来たる2月19日 (水) ~21日 (金) の3日間、東京ビッグサイトで開催される「国際物流総合展 2020 -INNOVATION EXPO-」に出展いたします。

昨今、物流業界ではEコマースの急成長により物流量が増大し、人手不足が拍車をかけて省力化へのニーズがますます高まる中、さらなる効率化とコスト削減が求められています。寺岡精工は、入荷、入庫、出庫、出荷の各プロセスにおいて、創業時からの強みである「はかり」の技術を駆使した物流製品・サービスを開発してきており、今回、物流現場の問題を解決する最先端のソリューションとして展示いたします。

主な展示内容

■ 採寸計量スケール「SPKシリーズ」
入荷した商品の重量・サイズ測定に最適な卓上型の採寸計量スケール。複雑な形状をした商品も簡単な操作で誰でも正確に測定可能。WMS (倉庫管理システム) の商品マスター登録をサポートして梱包箱やストックスペースの最適化に貢献。

■【初公開・新製品】ピッキングソリューション「自律走行式AIピッキングカート」
作業と同時にバーコード検品と重量による数量チェックを行うことに加え、「動線最適化」「渋滞回避」機能を有することで、ミスの大幅削減と作業の効率化を同時に実現。今回、新製品として、自律走行式を開発・展示。カートが作業現場をピッキングオーダーに応じて自動で動き回るため、作業者は動き回ることなくピッキング作業そのものに集中でき、大幅な省力化と作業時間の短縮を実現。

■ 自動採寸計量スケール「SMART QBING」+【新製品】「AUTO LABELER」
廃棄ロスやチャンスロスを削減するシステムや、デザインパッケージと紙トレーに対応する胴巻き包装プリンターなど、作業効率化を実現しながら環境に配慮した各種ソリューションをご紹介します。

■【新製品】クラウドサービス「SQ CLOUD」
「SMART QBING」とPCをインターネット接続し、「SQ CLOUD」にアクセスするだけで、出荷データをいつでもどこでも閲覧・利用可能。宅配便の出荷実績の分析・レポート作成や、配送料金シミュレーションのほか、行先・サイズ・重量・温度帯等の条件から荷物に合った最適な宅配キャリアを自動選定する機能などを提供する。

■【新製品】「積載量管理システム」
トラックの車両ごとに積載量を管理することで積載率を可視化。過積載を防止することはもとより積載効率のUPによりこれまで見えなかった無駄なコストを削減。操作は、車両番号を選択してカゴ車やパレットに積荷を載せたまま計量するだけ。計測結果をその場でラベル発行。

『国際物流総合展 2020 - INNOVATION EXPO-』 概要

  • 会期: 2月19日 (水) ~21日 (金) 10:00 ~ 17:00
  • 会場: 東京ビッグサイト 西1・2ホール ブース番号「1Q-33」
  • 公式サイトhttps://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/


※ プレスリリースに掲載された内容は、発表日時点の情報です。その後予告無しに変更されることがあります。あらかじめご了承下さい。
※ プレスリリースに掲載されている商品名、ブランド名、ロゴマーク及び画像等の商標、著作権、肖像権等は、それらの所有者に全て帰属します。

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)