本文へジャンプ

先輩社員インタビュー S.F.

営業職

東京支店 東京営業所

ひとつひとつ経験を積み上げていく

TERAOKAの営業は、既存ユーザーと新規ユーザーへの営業に大きく2つに分けられます。既存ユーザーは、元々TERAOKAの製品が入っている顧客に他の製品などを入れてもらうような提案を行います。提案をしやすい環境ではあるものの、なかなか決定には至らないことが多いので、そこが難しいと感じているところです。新規ユーザーは、その名の通り、新規の顧客を相手に商談をします。まだまだ学ぶことも多く、今は上司や先輩の仕事ぶりを見て、実際にやって、分からないと調べて、お客様にぶつかって、というのを繰り返しながら経験値を上げていければと思っています。

消費者目線で課題を見つけ、提案する。それが楽しい

私自身は、どちらかというと新規ユーザーに提案することが楽しいと感じています。現場をイチ消費者として視て、“こうしたら良くなるのでは?”と課題を見つけ、TERAOKAならどう対応できるかを考えます。新規ユーザーへの商談は、どんな切り口でも攻めていける、自分が思い描いていることが提案できるのは、とても楽しい。アポイント取って、会うまではとても大変ですけど(笑)。ただ、会ってもらえて提案をぶつけた時、客観的には失礼な提案をしているかもしれませんが、「そういう発想もあるよね」って聞いてくださるお客様もいます。その反応を見て、さらに提案を練り直していく。その感覚を大切にしています。

良い環境で自分を高めていきたい

営業所には、新規が得意な人もいれば、既存ユーザーの中で安定した数字を取り続ける人もいます。色々な角度を持つ営業マンの良いところを盗めるチャンスが多いのは、自分にとってかなりプラスになっています。営業の第一線で活躍し続け、将来的には、営業目線で製品事業部と製品の開発にも携わっていきたいと思っています。今はまだ目の前のことで精いっぱいですけどね。

先輩から学生の皆さんへメッセージ

TERAOKAでは、若手でも大きな仕事に挑戦できることもあります。ただ、それは、自分から行動しないと始まりません。仕事を待たない。自分で調整しながら、開拓していく力がある方は、トライしてみてください。