プレスリリース

POSメーカー初のクラウド型マルチ決済サービス 「ワンストップ・ペイメントサービス“Payoss”」スタート!

~POS・クレジットカード・各種電子マネー・ハウスカードでの決済をワンストップで対応~


株式会社寺岡精工(本社:東京都大田区 / 代表取締役社長 片山隆)は、POSメーカーとして初めてとなるクラウド型マルチ決済サービス「ワンストップ・ペイメントサービス“Payoss(ペイオス)”」の提供を7月より開始します。

近年、流通や小売、飲食店などでの決済においてクレジットカード、各種電子マネー、ハウスカード等支払手法が多様化する中、インバウンド消費の増加やセキュリティー強化にともなうクレジットカードのIC化推進なども重なり、ますます煩雑化する決済への対応は喫緊の課題となっています。

当社はこのような状況を踏まえて、流通小売業や飲食業、クリーニング店等への〔POSおよびマルチ決済端末の提供〕から〔決済データ処理業務〕までを一括して対応する「ワンストップ・ペイメントサービスPayoss(ペイオス)”」を開発。各店舗のPOS機器とカード会社・電子マネー事業者を「寺岡決済処理センター」で結び、精算・集計データなども一括して管理・運営するというPOSメーカーの強みを生かした革新的な新サービスをスタートします。

【サービス名称】ペイオス




【サーヒス特長】
●「POS機器と決済端末の提供」から「決済データ処理業務」までの全てをワンストップで対応。
●POSメーカーが初めて提供するクラウド型決済サービス。
●クレジットカードや各種電子マネー、ハウスカードなど多様化する決済を一つの端末で対応。
●決済アプリケーションを「寺岡決済処理センター」に集約することで、“拡張性”、“安全性”、“低価格”を実現。

【背景:決済ビジネスをめぐる状況はめまぐるしく変化】
1.クレジットカードのセキュリティ強化(EMV対応)2014年12月政府指針
①国内クレジットカードのIC化
②POSの対応推進

2.インバウンド消費(訪日外国人向け)
①銀聯カードの対応 ②ブランドデビット・ブランドプリペイドの対応
③非接触IC決済の対応(J/SPEEDY,Pay Pass,Pay Wave,Apple pay,Android pay,QUICK PASS等)
④モバイル決済端末の導入
⑤自動販売機、券売機、駐車場精算機、セルフ会計機等のマルチ決済対応

3.国内決済手段の多様化
①国内電子マネー(FeliCa対応) ②ポイント交換(マイレージ、Tポイント、Rポイント etc.)
③ハウス電子マネー ④ハウスポイント

【端末イメージ】


【スケジュール】
決済サービス:3月15日より正式受注開始
マルチ端末:7月より受注開始予定


※プレスリリースに掲載された内容は、発表日時点の情報です。その後予告無しに変更されることがあります。あらかじめご了承下さい。
※プレスリリースに掲載されている商品名、ブランド名、ロゴマーク及び画像等の商標、著作権、肖像権等は、それらの所有者に全て帰属します。

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)