物流センターの業務改善手引き!6つの業務フローと改善ポイントをご紹介

ピッキング作業改善

通信販売のニーズ拡大などにより、物流の役割がますます重要になってきました。しかし、実際には業務上の課題を抱えている物流センターも少なくありません。

課題を解消することで効率化や収益アップの実現が期待できますが、まずは課題の整理を行わないことには解消の糸口が掴めないでしょう。
課題を整理するうえでは、その課題がどの業務フローで生じているのかを確認することが必要です。

この記事では物流センターにおける6つの業務フローから、個々の改善ポイントを紹介していきます。

物流センターの6つの業務フロー

物流センターの業務は大きく6つの段階に分けられます。
業務改善を目指すなら、それぞれの手順について把握しなければなりません。

①入荷・入荷検品

荷物を受け取って、入荷予定のリストと照らし合わせることが基本的な流れです。照合結果に問題がなければ、2つ目の「入庫」を実施することになります。

②入庫

荷物を倉庫に受け入れた後、置き場所を確定してから、数量などのデータを在庫システムや台帳などに計上して完了です。

③保管

実際に荷物をその場所に格納していくことが3つ目の「保管」に該当します。管理しやすいように工夫して置き、劣化を防ぐために温度や湿度などの調節も行うのです。

④出庫・仕分け

荷物を倉庫から出すために必要な一連の作業を実施します。対象の荷物をピッキングして、種類や配送ルート別に分類していくことが一般的です。

⑤流通加工

その後、商品として付加価値を付けるために「流通加工」を行います。タグ付けやラベル貼り、組み立てなど、指定された方法によって出荷できる状態に仕上げなければなりません。

⑥出荷検品

6つ目として実施するのは、誤出荷を防ぐために必要な「出荷検品」です。荷物と出荷依頼のリストを照らし合わせて、数量や納品先などに間違いがないことを確認していきます。
続けて、ダンボールなどで梱包し、出荷の準備を終わらせるまでが一連の流れです。

業務フロー別・物流センターの業務改善ポイント

上記に紹介した物流センターの6つの業務フローごとに業務改善ポイントをご紹介していきます。

①入荷・入荷検品の業務改善ポイント

ハンディターミナルと呼ばれる端末を使用することが改善ポイントのひとつでしょう。
リアルタイムでデータの収集や処理を行えるため、紙製のリストを用いて照らし合わせるより時間の短縮が可能です。
荷物のバーコードをスキャンできる仕様になっており、照合を自動的に進められます。
目視と手作業では対応しきれないほど入荷数が多くても、照合作業の改善を行っておくとスムーズに遂行できるでしょう。

②入庫の業務改善ポイント

入庫の業務フローにおいてポイントとなるのは正確に実施することでしょう。
もし誤って計上してしまうと、在庫管理システムや台帳に登録されている在庫数が実情と合わなくなってしまいます。在庫差異と呼ばれる状態であり、倉庫内の非常に面倒なトラブルの一つです。
入荷予定の数と実際の入荷数が異なる状況下に発生しやすいと考えられますので、事前にマニュアルを整備しておくと改善につながります。

③保管の業務改善ポイント

保管の改善を実施するときは、その後の業務フローを意識することが大事です。
具体的には、出庫の負担が減るように配慮する必要があります。
荷物を棚などに格納する際、後でピッキングを円滑に行えるようにするため、取り出しやすさや通路からの視認性が良くなるように工夫しましょう。
また、盗難が起こると業務フローが遅れるだけでなく、企業間の賠償問題などに発展するケースもあるため、セキュリティ面の強化も忘れてはいけません。

④出庫・仕分けの業務改善ポイント

速さと正確性がトレードオフの関係にある作業といえます。急いだ分だけミスの発生するリスクが高まる可能性があります。
両立させるために自動制御ロボットを利用するという手もありますが、実際に導入できているのは一部の大手企業に過ぎません。

多くの場合、現実的な改善策となるのはデジタルピッキングシステムの導入です。
このシステムでは、棚に取り付けられた表示器が点灯したら、スタッフは台車を押して点灯した棚に移動します。
そして、表示器のモニターに出ている個数だけピッキングします。

また、仕分けの際にハンディターミナルで荷物のバーコードを読み取り、分類に必要な情報を表示させることも改善に役立ちます。

⑤流通加工の業務改善ポイント

内容や担当者によって効率が変わりやすい業務のひとつです。
加工ミスが原因で返品された場合、物流企業の責任になるので集中して慎重に取り組まなければなりません。
可能な限り、経験が豊富で作業のコツを多く把握しているベテランスタッフを割り当てましょう。
とはいえ、そのような人材を確保し続けることは難しいため、マニュアルの作成や研修の実施により、安心して任せられるスタッフを増やすことも重要です。

⑥出荷検品の業務改善ポイント

誤出荷を防ぐ最後の砦となる業務なので、高い精度が求められます。
したがって、2人体制や3人体制のチェックを行うケースがありますが、人件費や時間の問題で実施が難しいことも多いです。
その場合は、やはりハンディターミナルを積極的に活用すると良いでしょう。
荷物ごとにスキャンして納品先などの情報を確認していけば、誤出荷のリスクを大きく下げられます。

生産性アップの鍵は業務フローと改善ポイントの把握

物流センターの生産性が低いと感じたら漠然と課題解決に着手するのではなく、まずはk代の整理から始めてみるのもひとつの手段です。
ボトルネックになっている業務フローを見極めて見直すだけで、全体のパフォーマンスが大きく向上することも珍しくありません。
成功率を高めるためにも、業務フローごとの改善ポイントも事前に理解しておきましょう。