在庫管理システムの選び方を解説!まずは在庫管理現場の課題整理から始めよう

在庫管理システム

在庫管理システムを導入しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、現場の課題を整理しないまま漠然と在庫管理システムを導入しても、状況が改善するとは限りません。
そこで今回は在庫管理の現場における課題を整理して、課題に対する在庫管理システムを用いたアプローチを紹介します。
また在庫管理システムの導入におけるメリットやデメリットも紹介していきます。

そもそも在庫管理システムの定義とは何か

まずは在庫管理システムの定義について改めて抑えておきましょう。

在庫管理システムは名前のとおり、在庫管理業務のためのシステムです。在庫管理業務における重要な要素のひとつが商品の在庫量の把握でしょう。
在庫量が把握できていなければ、在庫切れを起こすことや大量の在庫を抱えてしまいます。在庫の過不足が生じると商品の供給がうまく行うことができず、余分なコストも発生する恐れがあります。

そこで在庫の過不足が起きないようにするための対策として利用されることが多いのが、在庫管理システムです。
在庫情報や入出庫情報といったものを入力して、在庫の正確な情報を把握することでスムーズな在庫管理を実現できるというのが在庫管理システムの定義だといえるでしょう。

課題別・在庫管理システムの導入で期待できる対策

冒頭にも述べたとおり、いきなり在庫管理システムを導入するのではなく、まずは在庫管理における現場での課題について整理しておくのが重要だと言えます。
ここでは在庫管理現場で考えられる課題と、その課題に対する在庫管理システムを使ったアプローチについて紹介します。

人為的なミスが多い

課題例

在庫管理の現場でよくある課題の1つが、人為的な在庫管理のミスです。
手書きやタイピングによるパソコンでの情報入力では人為的なミスが起きやすいと言えます。どれだけ優秀な人材であっても人が行う作業にはヒューマンエラーの可能性は否めません。

例えば在庫情報の入力ミスによって在庫の過不足が起きてしまうことが考えられます。
在庫を抱えすぎると廃棄処分の量が増えて会社の赤字に繋がりますし、在庫が少なすぎると注文が増えたときにクライアントを待たせてしまうという状況になってしまいます。

在庫管理システムによるアプローチ例

このようなミスを避けるために在庫管理システムを導入するのは効果的です。
商品のバーコードを読み込むだけでパソコンに在庫情報が入力されるようにしておけば、ヒューマンエラーのリスクが軽減できるでしょう。
在庫情報に関する人為的なミスが減れば、自社の生産性が下がることもなくなります。

保管場所が分からずに商品の発見が遅れることがある

課題例

商品の数が多すぎて保管場所が分からず、商品を見つけるまでの時間が長くなってしまうといった課題を持っている在庫管理の現場もあるでしょう。
これは商品の保管場所や商品自体に識別番号や識別コードがないのが問題だと考えられます。

在庫管理システムによるアプローチ例

在庫管理システムを導入して、識別番号や識別コードをパソコンで入力することで商品の保管場所を分かるようにする、というアプローチ例が挙げられます。
ここで重要なのが保管ミスをしないことでしょう。保管場所を間違えてしまうと識別番号による保管場所の割り出しが無意味になってしまうので注意が必要だと言えます。

どの商品に需要があるかが分からない

課題例

在庫管理システムを導入していない現場では、どの商品の需要が高いかを知ることができません。需要の高い商品も需要の低い商品も同じ数の在庫を用意してしまうケースもあるでしょう。
これでは需要の高い商品の在庫切れが多く、需要の低い商品の廃棄が増えてしまうことが考えられます。

在庫管理システムによるアプローチ例

このような課題に対するアプローチとして有効なのが、在庫管理システムを使った需要の予測です。
在庫管理システムには今までの在庫管理におけるデータが蓄積されています。その蓄積された在庫管理のデータを使って各商品の需要を予測することが可能です。
この需要の予測を使えば、需要の高低による在庫管理の過不足が減るでしょう。

在庫管理システムを導入することで起こり得るデメリット

在庫管理システムを導入することでさまざまな現場の課題を解決できる可能性があります。一方で当然ながらデメリットも考えられますので、しっかり抑えておきましょう。

システムを使いこなすまでに時間がかかる

在庫管理システムを導入することのメリットは大きいですが、そのシステムを使いこなすまでに長い時間がかかる可能性があるのがデメリットのひとつでしょう。
このデメリットに関する対策として考えられるのは、在庫管理システムを使いこなせる人材を雇うことです。
在庫管理システムを使ったことのある人材を雇えば、在庫管理の即戦力として活躍してくれるでしょう。

メンテナンス費用がかかる

在庫管理システムは導入コストがかかるだけでなくメンテナンス費用もかかります。
マシントラブルをなくすためにも定期的なメンテナンスは欠かせません。
在庫管理システムの導入を考えている場合はメンテナンス費用が払えるかというポイントも考慮しておくのが重要です。

在庫管理システムの導入をして現場の課題を解決しよう

在庫管理システムの導入をしている会社と在庫管理システムを導入していない会社とでは、在庫管理における現場での仕事効率が変わります。
特に在庫の過不足や在庫管理におけるヒューマンエラーに悩んでいる場合には、在庫管理システムを導入することで問題が解決する可能性があります。
在庫管理システムを導入して現場の課題を解決すれば、会社の生産性の向上にも繋がるでしょう。