T@POPソリューション

SOL00007-img WS02

価格表示を一元管理する表示機を用途に応じてご用意します。(POP/プライスカード/電子棚札(ESL)/e-Label/スマートレール)

電子棚札(ESL)とPOPシステムが1つのマスターで並行稼働します。電子棚札(ESL)は価格を自動更新し、現在の売価でPOPを発行。正確な売価表示と簡単なオペレーションを実現できます。

このソリューションで解決できる課題

  1. 売価違い(クレーム)をなくしたい
  2. POPのつけ忘れ・外し忘れをなくしたい
  3. 売価表示にともなう作業を軽減したい

価格表示のハイブリッド(紙/デジタル表示機)で用途に合わせた最適な提案をします

POPは店舗の事務所で印刷し、プライスカードは本部または問屋で発行、といった異なるオペレーションになりがちだった従来の価格表示。POSシステムと売価表示の運用が連動していないため、売価違いが発生していました。TERAOKAのT@POPサーバ―は、価格表示の媒体(紙/デジタル表示機)が様々でも、価格表示の一元化が可能です。価格表示の媒体は、お客様の用途に合わせて用意します。
(POP/プライスカード/電子棚札(ESL)/e-Label/スマートレール)

SOL00007-img WS03

誰でも簡単に正確に売価表示(POP作成システム PopMaster)

店内の用途に合わせた価格表示ができます。表示端末のメリットを最大限に生かした運用が可能です。たとえば、下記のような運用で販売促進を強化できます。

訴求力を追求 ⇒POP
システム導入コストを抑える ⇒POP/プライスカード
正確性(自動更新)を重視 ⇒ESL/e-Label
冷温、水場で運用 ⇒e-Label
売場でオンデマンド操作 ⇒MT3000(ハンディーターミナル)

SOL00007-img WS03

誰でも簡単に正確に売価表示(POP作成システム PopMaster)

店内POP発行の基本機能を充実させます。
正確なPOP発行        
   ⇒ POSとPOP接続、電子棚札(ESL)とPOP接続
売場からのPOP発行    
   ⇒MT3000(ハンディターミナル)
生鮮部門からのPOP発行 
   ⇒バックヤード機器とPOP接続
売価のチェック        
   ⇒作業リスト発行、MT3000(ハンディターミナル)によるスキャンチェック

SOL00007-img WS03

豊富なラインアップから用途に合わせて選べる電子棚札(ESL)

売価違いをなくして店内作業を軽減させます。店内のあらゆるシチュエーションに対応できるラインアップです。
セグメントESL(中型、小型)
フルドットESL(大型、小型)
e-Label(冷温防水対応ESL)

SOL00007-img WS03

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)