INTERVIEW 08

お客様を思う気持ちと、
先を見据えた提案力が
パートナーシップを
創出します。

営業職

関西第一支店 大阪営業所
2013年入社

K.N.

ボランティアの経験から流通業界に興味を持ち入社。現在は専門店を中心に積極的な営業活動を展開している。バドミントンの社会人チームで活躍するスポーツマン。

優しさと厳しさで成長する職場

4月に入社後、1カ月は学生から社会人への手ほどきを受け、さらに1カ月、営業に絞った研修や製品知識を身に付けて6月から現場へ。もちろん最初は上司に同行し、私はサブという立場でお客様に接するのですが、年明けからは私がメインで担当するよう指示されました。わからない部分は上司や先輩が丁寧にフォローしてくれる反面、私のやり方や判断に一任される面もあり、そういう意味ではメリハリのある職場です。入社以来さまざまな経験をしており、対応に苦慮した大きな壁のひとつが2014年4月の消費税増税で、営業チームが一丸となって乗り越えました。また、私自身の営業によって初めて買っていただいたのがレジ。相手は、足しげく通った街のサカナ屋さん。このときのうれしさはいまも記憶にあり、いつまでも初心を忘れず、お客様に喜んでいただけるよう日々努力しています。今後もっと経験を積み、お客様の要望に応えることはもちろん、将来を見据えた提案力を高めていきたいですね。

常に先を見据えた提案を

現在の主な仕事は、専門店への取り組みです。お客様の店舗を視察し、弊社製品による提案のシミュレーション、調査やプレゼンテーションを繰り返し、パイロット店舗への導入、そして契約成立へ。さらに導入結果からつぎの展開提案まで、継続性のあるパートナーとしてのポジションを確立すべく営業活動を展開しています。弊社製品を導入したことで業務が円滑に進み、かつパフォーマンスが向上し、お客様から「業務が効率化して退勤時間が早くなった」などの声を実際に聞くとやりがいを感じますね。日頃意識しているのは、お客様の気付いていない価値や問題点を見出し、そこに弊社製品の魅力を重ねること。最終的に、寺岡精工にして良かったと言ってもらえるように。そのためには、食品表示法をはじめ法律の改正や時事ニュースなど、時代に合った知識を取り入れつつ、常に先を見据えた提案がどれだけできるかではないでしょうか。日々の勉強と、お客様を思う気持ちがカタチになる、やりがいのある仕事です。

  • 寺岡精工への動機

    大学時代、東北大震災のボランティアをしていました。そのときに物資の供給を担当した経験から、流通業界の円滑さに貢献できる仕事に携わりたいと思うようになり、寺岡精工へ。また、昔から英語が好きで、将来英語を使った仕事をしてみたいという気持ちもあり、寺岡精工が海外進出に積極的に取り組んでいるのも志望動機のひとつです。

  • 今後の目標

    今後はもっと大きなフィールドでの仕事を任せてもらえるようになることが目標です。大きなフィールドというのは、会社として重要なミッションを遂行したり、大切なお客様に携わったり。そのためには私自身の経験と成長が必須ですので、お客様の経営課題をひとつでも多く解決し、弊社製品の拡販に日々高い意識をもち業務を行っています。

先輩から学生の皆さんへメッセージ

世の中には、知らないことが山ほどあります。だから日々勉強するわけですが、その勉強が刺激になり、自分の成長につながるのだと僕は思います。人の話をよく聞いて、いろいろな経験を重ねながら成長できる人、一緒に仕事しましょう。

上司からのコメント

プレゼンが上手ですね。どうしたら商談が成立するかというイメージがしっかりできていて、ポイントのときだけ私を同行させたり(笑)。英語も堪能ですし、大阪だけにとどまらず、もっと広い視野をもって活躍してもらいたい有能な人材です。(関西第一支店 大阪営業所 所長)

  1. Interview01
  2. Interview02
  3. Interview03
  4. Interview04
  5. Interview05
  6. Interview06
  7. Interview07
  8. Interview08