contamigraphy-f_WP02_01

ContamiGraphy®
一般生菌数可視化装置

世界初!(※)励起蛍光方式採用でHACCP対策も万全!
煩雑な食品の生菌検査にかかる手間と時間を大幅削減

※食品業界において。当社調査に基づく。
コンタミグラフィー®「一般生菌可視化装置」は、励起蛍光方式(※)によって食品の表面にある目視不可能な生菌を可視化します。“原料の受け入れ段階で生菌数を知りたい”、“無試薬かつ簡単操作で検査をしたい”、“迅速に測定を行いたい”といった業界のニーズに対応。
(※)物資に光を当てて発光させること

迅速かつ確実な生菌数検査を実現

培養法で48時間以上かかる一般生菌数の検査が、たった5分で完了。食品を破壊することなく、リアルタイムで結果を見ることができるので、食品の安全確認に関わるプロセス全体を大幅に迅速化します。食品の入荷段階、加工前段階などのモニタリングにも活用可能。精度の高い「合否判定機能※」によって、より正確な判定結果を提供します。

※合否判定の基準は「検量線」のカスタマイズによってお客様ごとの設定が可能です
contamigraphy-f_WP04_01

試薬や専門スキルが不要のカンタン操作

試薬を一切使わず、一般生菌数分布を疑似カラー表示で可視化。これまで試薬の購入や設備管理にかかっていたコストを削減します。操作は専門スキルや知識がなくても簡単に検査ができるタッチパネル方式。※公定法ではございません。
contamigraphy-f_WP04_02

HACCPにも対応!

測定した画像や生菌数値を保存することで、トレーサビリティの構築や、傾向の分析に役立ちます。またHACCP対策にも、データの一覧表示、レポート表示などの機能が利用できます。
contamigraphy-f_WP04_03

「検量線」のカスタマイズで更に正確な検査を実現

お客様ごと・食肉(部位)ごとにカスタマイズされた「検量線」(※)を使うことで、迅速かつ、より正確に検査を行うことができます。取り扱う部位ごとに複数の検体を使用してサンプル試験を行うと、さらに高い精度が得られます。
※「培養法で得られた一般生菌数」と「本装置で検出した蛍光データ」との相関を、独自技術によって統計分析して作成します。
contamigraphy-f_WP04_04

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)