FS-2400HQ-WS02

FS-2400HQ

複数店舗の生鮮マスター・生産販売実績を
一元管理する生鮮本部インラインシステム
各店舗の計量器マスターを一元管理するばかりでなく、Webブラウザーによる分散入力によって省力化を実現しました。法的表示義務に沿ったラベル表記も全店で可能となります。 さらに、生産実績とPOSの販売実績を照合し、値引、廃棄、チャンスロスを防止できます。

計量ラベルの表記を一元管理

店舗で稼働しているラベルプリンターや包装機で発行できるラベルの全項目をコントロールできます。法的表示義務のサポートを行い、安心・正確なラベル情報の提供が可能です。 特に添加物やアレルギーなど、詳細な情報を正確に全店に配信し、ラベルへ印字できます。
FS-2400HQ-WP04

Webブラウザー画面で省力化を実現

T@webシリーズの「いつでも・どこでも・誰でも」のコンセプトを踏襲し、Webブラウザーを利用した設定画面を採用。各部門担当者の入力作業を同時に行うことが可能となりました。 さらに、本部、店舗間のインフラ環境の中では、どこからでもサーバーにアクセスして入力作業ができます。
FS-2400HQ-WP04

生産数の把握でチャンスロスを防止

ピークタイムに商品が売場にないためにチャンスロスにつながることはありませんか? 適正な生産数量を把握することで、チャンスロスを未然に防止できます。 生産数の幅に応じて色分けが可能となり、より分かりやすい分析画面を実現しました。
FS-2400HQ-WP04

生・販の対比で値引ロス・廃棄ロスを防止

生産実績とPOSの販売実績の対比が可能です。勘と経験に頼った生産計画から、実績に基づいた生産計画にシフトし、値引ロスや廃棄ロスの削減を実現できます。 店舗では、リアルタイムに販売数量と生産数量の推移が把握できるため、追加生産のタイミングや見切りのタイミングを把握でき、お店の利益を守ることができます。
FS-2400HQ-WP04

お問い合わせ

0120-37-5270

受付時間: 9:30~17:30(土日祝日除く)