寺岡は、はかり・POSレジ・包装値付機・食品加工システム・産業用計量機・ラベルプリンタ等の販売から、保守、サポートまでご提供しています。
TERAOKA Searching for a New Balance
サイトマップTERAOKAは24時間365日、お客様をトータルサポートTERAOKAは地球にやさしい環境を目指して取り組んでおります。
NEWS 製品情報 販売拠点 会社概要 採用情報 ワールドワイド

TERAOKA製品ニュース インデックスページへ
フードサービス統合システム『Delious(デリオス)』
お問い合わせ
フードビジネスの、ホスピタリティーサービスを
サポートする統合システム『Delious(デリオス)』

これまでのオーダーエントリーシステムを超えた、
使いやすさと多彩な機能で、飲食店の収益改善ソリューションを提供します。

星野 禎宏
(株)寺岡精工
ホスピタリティソリューション事業部 ソリューション開発部部長

私達開発チームは、新発想で、飲食店向けの総合的なシステムの開発に取組んできました。『Delious』は、これまでのシステムを超えた、最新のシステムだと自負しています。
小谷野 幸雄
(株)寺岡精工
ホスピタリティソリューション事業部 Foodビジネスソリューション営業部 課長

私達は、ASPサービスを通じて、お客様の経営効率向上のお手伝いをしております。『Delious』におけるSaaSの役割は非常に大きく、皆様の期待に十分応えていけるように、プロジェクトの核となるべく事業を推進していきます。

※SaaSとはインターネットを利用し、ソフトウェアを提供するサービスです。


 常に新しいスタンダードを創造してきたTERAOKA。流通業界では、TERAOKAの最新システムが全国のスーパーマーケットなどで、顧客サービスや売上げの向上、業務効率化などのお手伝いをしています。そのTERAOKAがいよいよ、フロント、フロア、キッチン、本部、データセンター、コールセンターを結ぶ、飲食店向けの統合マネージメントシステム『Delious(デリオス)』を完成。飲食業界に、新たなスタンダードをご提案します。

ハイテクタッチとヒューマンタッチを融合

 飲食店にとって、料理が美味しいのは当たり前。雰囲気や接客サービスが、差別化の大切な要素です。Deliousは、これらのレベルを高め、顧客満足度を向上。さらに、オペレーションの効率化を図り、売上げや利益率を高めるために開発されたシステムです。流通業界で培ったTERAOKAのノウハウと技術力を結集した高度なシステムですが、使う立場に立って作られているので導入も扱いも簡単。データの管理も、店舗や本部がする必要はありません。ハイテクタッチとヒューマンタッチが融合した、人に優しいシステム、それがDeliousです。
 店内で使う専用の機器は、オーダーエントリー端末、プリンタ類がメインで、これに、スタッフコーラー、POSレジなどをプラスすることができます。これらは、無線LANで結ばれ、端末に入力されたデータは店舗サーバを通じて、インターネット回線で本部、及びDeliousデータセンターへと送られます。
 ここで特筆に値するのは、データの管理を全て、Deliousデータセンターが行うことです。それだけではありません。Delious SaaSサービス(店舗支援サービス)により、データをさまざまな切り口で分析して提案を行う、提案型システムでもあります。
 飲食店向けのシステムは数多くありますが、データの管理と活用がネックとなって、使いこなしていないケースが少なくありません、しかし、Deliousは、その部分がアウトソーシングなので、社内にホストコンピュータも、システム要員も不要。店舗で機器を使うだけで、機能を最大限活かせます。
 また万一、トラブルが生じた時にはコールセンターのヘルプデスクが24時間体制で対応。そして、全国に120ヵ所あるTERAOKAのサービス拠点から、スピーディにサービスマンを派遣しますので安心してお使いいただけます。

多機能なオーダー端末で顧客満足度を向上

 システムの中心となるオーダー端末は、3タイプあり、1タイプだけ導入することも、併用することもできます。
 『HOT』は、ホールスタッフ用の携帯型端末ですが、単にオーダーをとるだけのツールではありません。お客さまサービスを向上させるさまざまな機能を備えています。
 例えば、メニュー情報機能。ワインのうんちく、メニューの素材や味わいなどの情報をインプットしておけば、新人のアルバイトでも、お客さまの質問に的確に答えられ、もう1品のお奨めができます。ステーキの焼き加減やドリンク提供のタイミングなどを入れれば、提供ミスを防止。テーブル稼働状況をカラー表示する機能を使って、お客さまをご希望の席に、スムーズにご案内することもできます。このように、さまざまな機能を活かすことで、新人を短期間で戦力化し、効果的な販促を行うことが可能になるのです。
 また、この『HOT』は、スタッフコーラーと連動しており、お客さまがスタッフコーラーを押すと、画面にテーブルナンバーが表示されます。近くにいるスタッフがスピーディに対応でき、これまでのように、お客さまをお待たせすることがありません。
 『FOT』は、パントリーなどに設置する、据置型オーダー端末です。手書きでオーダーを受け、客席から見えないところで、『HOT』同様の手順で入力します。携帯端末の使用を避けたい、雰囲気重視のレストランやバーなどに適しています。勤怠管理や会計にも使え、POSレジとしても機能します。
 そして『SOT』は、客席でお客さま自身がセルフ入力するテーブルオーダー端末です。従来のような固定型ではなく、持ち運びできるので、必要に応じて各テーブルへ。お客さまは、スタッフを待つことなく、画面のメニュー情報を見ながら、好きな時に好みのものをオーダーできます。店舗側にとっては、省力化にもつながります。
 オーダー端末は、全て使いやすいタッチパネルを採用。メニューは写真で表示されるため、不慣れでも正確に入力でき、オーダーミスを防げます。
 これらのオーダー端末でホールスタッフが入力したデータは、キッチンプリンタへ。通常のキッチンプリンタは出力機能だけですが、Deliousのキッチンプリンタは、出力機能に加え、提供時間を確認できる機能がついています。この機能を活用すれば、提供時間の管理や標準化ができます。さらに、数量限定のメニューなどの残数を、『HOT』に知らせる機能もあり、オーダーを受ける際に大いに役立ちます。
 こうした多彩な機能を活かすことで、オーダー時のもたつき、オーダーミスや提供ミスを防ぎ、料理の提供時間もスピードアップ。お客さまは気持ちよく食事を楽しめ、その店にまた来たいと思うでしょう。
 アルバイトをすぐに戦力化でき、オペレーションの効率化や省力化が図れるのも大きなメリットです。

Delious SaaSで現状を把握・分析し、
問題点改善を提案

 店舗から送られたデータは、データセンターが、蓄積・管理。本部では、パソコンでいつでもデータを取り出すことができます。
 そして、Delious SaaSにより、店舗支援サービスを実施します。データを分析し、問題点改善策や販促をはじめ、サービス向上と売上げアップにつながる提案を行うのです。
 例えば、時間帯別のオーダー状況と勤怠データをもとに、最適なワークスケジュールを組む。メニュー分析や、商品ごとの提供時間の分析により、メニュー改廃やオペレーション改善を提案。重点商品を設定して従業員の販売実績ランキングを作り、インセンティブにより売上アップを図る等々、提案メニューは多彩です。
 フードサービス統合システム『Delious』は、こうした充実した機能とサービスで、競合が激しい飲食店の、差別化と売上げアップに貢献します。

お問い合わせ先

(株)寺岡精工 ホスピタリティソリューション事業部 TEL.03-3752-5631

『Delious(デリオス)』 のお問い合わせ
 カタカナを入力する際は全角文字を使用して下さい。
 *は必須入力項目です
お名前
郵便番号
ご住所
会社名
部署名
電話番号
 メールアドレス
 お問い合わせ内容


 COPYRIGHT 2003 TERAOKASEIKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.